ワンちゃんとヒトの皮膚の違い

皆さんはかわいい愛犬たちの

健康状態をどこで判断していますか?

実は皮膚は健康状態を表すバロメーターなんです。

 

 

皮膚の役割は大きく分けて3つ。

① 外の刺激や乾燥を防ぐ機能

②感情の伝達などの神経伝達機能

③食事やストレスなどの影響を表す健康状態の指標

 

皮膚の状態をみればワンちゃんが健康なのか、

どこか不調が出ていないか判断することができます。

 

そんな皮膚は表皮、真皮、皮下組織という

3層で構成されています。

ワンちゃんたちは表皮が非常に薄く、

ヒトの1/3~1/5程度しかありません。

表皮の一番外側にある角質もヒトに比べ

細かく非常に刺激に弱いので

被毛でデリケートな皮膚を守っています。

 

また、ヒトの肌のpHは約5.5の弱酸性ですが、

イヌはpH7.5の中性です。

pHの合わないシャンプーを使用していると

被毛に影響があるばかりでなく、皮膚病の原因となります。

 

皮膚に異常がある場合は、ワンちゃんの

体のどこかが不調を表しているサインです。

一度、かかりつけの動物病院に相談してください。

思わぬ原因が見つかることがあります。

いつも健康でかわいくいてほしい愛犬たちの

ちょっとした不調を見つけてあげられる

飼い主さんでいてあげてくださいね。