小型犬の注意点

2020.07.02    タグ:

 

犬といってもチワワのような小型犬や

セントバーナードのような大型犬、鼻の短い犬種、

毛のない犬種など多種多様なワンちゃんたちがいますが、

生活する中で注意しなければいけない点はそれぞれ異なります。

 

今回は小型犬で主に気を付けなければいけない点をご紹介します。

プードルやチワワ、ダックスフント、シュナウザーなど

小型犬は地面と体の距離が短いためヒトよりも多くの反射熱を感じます。

そのため特に夏場の暑さ対策にはかなり注意が必要です。

夏以外でもちょっとした日陰を作ってあげることで、

お庭で遊んでいても、愛犬自身が自分で休憩できるので、

テラスやガーデンルームなどがあるとより過ごしやすくなります。

 

また、体が小さいがために小さな段差でも足腰を傷めやすく、

椎間板ヘルニアや膝蓋骨脱臼になる可能性があります。

段差のある場所にはスロープを設置したりして、

できる限り段差の上り下りをしなくていい環境を作ってあげましょう。

 

意外と多いのが交通事故です。

フェンスや門扉の小さな隙間からすり抜けて

脱走してしまいやすいので、これくらいなら大丈夫と

思えるような隙間でもなくしておくことが重要です。

無駄吠えが気になる場合には、目隠しフェンスなど

ワンちゃんが警戒をせず過ごせるよう配慮してあげることも大切ですね。