ノミについて②

前回、ノミの予防についてお話ししましたが、

もしノミがいた場合は

ノミ対策用シャンプー以外には

何をすべきでしょうか?

 

 

まず、感染の拡大を防ぐことが

最重要になります。

ノミは暗い場所を好むので、

テーブルの下や部屋の角、

カーペットの中などに潜んでいる可能性が高く、

ドアの隙間などを見つけ

色んな場所に移動していきます。

 

ドアや家具の下端にガムテープを貼り、

ほかの場所に移動するのを防ぎます。

 

また、ノミの跳躍力は高く、

2m程度飛ぶので本棚などの棚も

注意が必要です。

 

意外と見逃しがちなのが

靴のなかや蓋のついていないゴミ箱など。

ゴミ箱を蓋つきに変えるだけで

ノミだけでなく、他の寄生虫を

予防することもできます。

 

これらをした後に清掃作業を行います。

一番簡単なのが掃除機掛けです。

ノミを吸い込むことができれば

成虫の96%、さなぎ、幼虫の

100%が死滅します。

 

朝の明かりでノミ・ダニがカーペットなどの

奥などに入り込んでしまうので

朝一番に掃除機掛けを行うのがお勧めです。

掃除機はゆっくりじっくり動かして、

繊維にしっかりとしがみついている

ノミ・ダニを吸い込みやすくします。

 

さらにしっかりと除去する場合は

バルサンなどの駆除薬を使いましょう。

この場合、猫ちゃんを飼われている方は注意が必要です。

 

ノミは注意してみないと気づきずらいですが、

日々チェックすることで防ぐことができる寄生虫です。

コミュニケーションを取りながら、

しっかりと皮膚の状態を確認してあげてくださいね。