公園&お散歩に出かけるときのマナー

2018.07.08    タグ:

公園や街をお散歩するのは、最高にハッピーな時間。楽しい時間だからこそ、皆で楽しめるような心遣いを大切に。
犬好きの人にもっと愛され、犬が苦手な人にも受け入れてもらえるような、愛犬との生活を目指しましょう。

 


お散歩はリードをつけて

 時には愛犬を自由にさせてあげたくて、リードを外してお散歩している人がいます。愛犬も先に行ったり、横にそれたり、においを嗅いだり、飼い主を追いかけたりと楽しそう。その楽しそうな顔を見ると、いけないなと思っていてもついつい放してあげたくなりますね。
ところが、立場を変えてみると、違った光景が見えてきます。犬が苦手な人はたとえどんなに体が小さくても、気が弱くて臆病でも、怖いと感じるものです。そういう人たちが散歩を楽しんでいる時に、前から飼い主に繋がれていない犬が歩いてくると、吠えられるかもしれない、噛み付かれるかもしれないと不安になってしまいます。
飼い主さんは、愛犬が自分から絶対離れて行かないし、他の人には何もしないと自信があっても、不安を与える存在にしてしまうこと自体が愛犬にとっては可哀想なことです。だから、リードはつないで歩きましょう。

リードは愛犬の命綱

 リードは愛犬の動きを妨げるものではなく、命を守る命綱の役割を担っていることも忘れないで。突然飛び出してくるオートバイや、目の前を横切る猫ちゃん、子供達が上げる大きな声など、予想できない突発的な出来事が起こることもあります。
どんなに飼い主さんと心が繋がっている愛犬でも、ビックリした時はいつもと違う行動を起こしてしまうかもしれません。事故やトラブルから愛犬を守るためにも、リードをつけて歩くようにしましょう。