終生飼養について

近年、ニュースや動物番組などでも

取り上げられることの多くなった保護犬、保護猫という言葉。

様々な理由で飼育放棄された動物たちのことを指します。

そのなかで殺処分される犬、猫の頭数をご存知でしょうか?

環境省の統計によると犬 8,362頭、猫 34,865頭(平成29年度)で、

年々、減少傾向にあるとはいうものの、

まだまだ多くのペットたちがヒトの都合により

飼育放棄されています。

そして、この統計は保健所以外で亡くなった動物は含まれず、

実際にはさらに多くのペットたちが理不尽な理由で飼育放棄され、

命を落としているのです。

 

保健所に連れてこられる理由で多いのは飼い主の都合。

理不尽な理由の場合もありますが、ほとんどが

引っ越し先の都合、飼い主の高齢化など、

可愛がっていたペットを泣く泣く手放すケースが多いそうです。

 

ペットを迎える際、家族として迎える責任を持つことができるのか、

万が一、手放さなければいけなくなった場合、

引き取り手を探し、どうしたらペットたちが

命を全うするまで幸せに生きていけるのかを

考えてあげることが終生飼養ではないでしょうか?

 

また、ペットを迎える際、ペットショップや

ブリーダーだけでなく譲渡会などで保護ペットを

迎えるという選択肢がこれから増えることで

殺処分される動物が減り、本当の意味での

ヒトと動物が暮らしやすいい社会になるのではないでしょうか。