肥満について①

肥満は大きく分けて単純肥満と症候性肥満の

2種類あるのをご存知ですか?

今回は単純肥満についてです。

 

単純肥満は「細胞増殖性肥満」と「細胞肥大性肥満」に分類されます。

細胞増殖性肥満は脂肪細胞のサイズが

大きくなるのと同時に脂肪細胞の数も増える肥満、

細胞肥大性肥満は脂肪細胞のサイズのみが

大きくなる肥満のことをいいます。

 

一度増えてしまった脂肪細胞は数が減ることはなく、

蓄積されている脂肪の量を減らすことが

「脂肪を燃焼させる」ということでダイエットの目的になります。

 

なので、子犬のころから肥満にならないよう

適正な食事量と運動量を把握してあげることが重要です。

 

 

ケアン・テリア、コッカー・スパニエル、

ダックスフント、ビーグル、ラブラドール、

シェットランド・シープドックなどは

遺伝的に肥満になりやすいので注意が必要です。

 

肥満は関節、椎間板の異常、呼吸器疾患、

糖尿病など様々疾患の原因となることもあります。

 

普段から食事や運動量を調整してあげて、

飼い主さんが愛犬たちの健康を守ってあげる必要があります。

まずはフードに記載されている量を

計ることから始めてはいかがでしょうか?