肥満について②

前回は単純肥満についてでしたが、

今回は症候性肥満についてです。

 

 

単純肥満は摂取カロリーの過剰が主な原因ですが、

症候性肥満は何らかの疾病が原因の肥満のことを言います。

 

肥満を伴う疾病はクッシング症候群、インスリノーマ、

甲状腺機能低下症などがあり、

主に内分泌系の疾患が原因となります。

 

他の症状として水を多飲したり、

尿量が多くなる傾向にあるので、

以前に比べて飲む水の量が多いな?と感じたら

一度かかりつけの動物病院を受診したほうがいいかもしれません。

 

症候性肥満の場合は食事や運動だけでなく

薬物治療や場合によっては手術が必要になることもあります。

早期発見が愛犬の健康を取り戻すきっかけになります。

 

一言で肥満といっても肥満が原因で病気になる場合、

病気が原因で肥満になる場合とがあるので、

安易に食べ過ぎ、太りすぎと判断せず、

獣医師の先生に相談して、何を改善すべきかを

明確にしてあげることが大切です。