動物愛護管理法について①

 

ペットを迎える際に飼い主さんたちに知っていてほしい法律「動物愛護管理法」

どんな法律かご存知ですか?

 

動物愛護管理法はヒトと動物が共生する社会の実現を

図ることを目的とし、単に可愛がるだけでなく

正しく飼養することを定めています。

 

ヒトと動物の共生する社会とは

「動物の愛護」と「動物の管理」に分けられています。

 

「動物の愛護」とは虐待や遺棄の防止、

動物の適正な取り扱い、動物の健康や安全の保持など。

 

「動物の管理」とは動物によるヒトや財産への侵害防止、

生活環境保全上の支障の防止、人への迷惑の防止を指しています。

 

飼い主さんの責任いついて第7条に

「動物の飼い主の責務」として明記されています。

これは飼い主だけでなく、ブリーダーやペットショップ、

動物保護シェルターなどすべての動物の所有者または占有者が含まれ、

第1項から第6項まであるので、正しく理解しておきましょう。

 

 

①迷惑防止

動物が人を傷つけらり、財産に損害を与えないなど人に迷惑を掛けないようにすること。

②感染症の予防

動物の感染症について正しい知識を持ち、自分や他の人への感染を防ぐこと。

③逸走防止

動物が逃げ出したり、迷子にならないように必要な対策をとること。

④終生飼養

動物の種類や習性などを正しく理解し、原則として動物がその命を終えるまで適切に飼い続けること。

⑤繁殖制限

動物が増えすぎて、適正な飼養が出来なくならないように、不妊去勢手術などの繁殖制限をすること。

⑥所有明示(身元表示)

飼い主がわかるよう首輪や迷子札、脚環、マイクロチップなどを装着すること。

 

以上、改めて確認しておきたいですね。